国際化に対応した教育職|マンツーマンレッスンや留学もできる|英会話スクールの魅力を知ろう

マンツーマンレッスンや留学もできる|英会話スクールの魅力を知ろう

英語

国際化に対応した教育職

先生

国語教師とは異なるスキル

よく混同されやすい職業に、国語教師と日本語教師があります。国語教師とは中学や高校などにあって国語教育を行う仕事ですが、日本語教師の場合は主に留学生や日本で働く外国人社員及びその家族などを対象に日本語教育を行います。つまり、日本語を母語としない人たちが教育の対象になるという違いがあります。この違いにより、それぞれの養成課程もまた異なります。国語教師の場合は大学の教職課程を経て教員免許を取得する必要がありますが、日本語教師には公的な資格がありません。最も一般的な進路は、専門学校等で必要な知識を学んで民間の検定資格に合格し、就職に臨むというものです。国際化の進展に伴って需要が拡大し、就職市場でも人気の高い職業の1つに数えられています。

420時間以上の専門学習

日本語教師に公的な資格がないということは、極言すれば誰でもなれるということになります。ただ言うまでもないことですが、専門学習をまったく受けずに日本語教育に必要なスキルを身につけることは非常に困難です。きちんと実績のある養成学校で学ぶのがもっとも確実です。養成学校を選ぶ際に注意が必要な点としては、カリキュラムが国の基準に準拠しているかどうかです。公的資格こそ設けていないものの、国は日本語教師にふさわしい者としてのガイドラインを示しています。その中に、専門の養成機関で420時間以上の教育を受けていることという項目があります。実はこの420時間以上の学習経験は、大半の日本語学校における採用条件にもなっています。そのため、日本語教師を目指す者にとってはこれを満たしてくれる学校で学ぶ必要があるわけです。